税理士を目指すならどのような学校がおすすめ?

税理士を目指すならどのような学校がおすすめ?かわかるサイト

大まかな未来図

税理士になるために、税理士試験に合格して2年以上の実務経験を積む、税務署で23年以上勤務して指定条件を満たす、公認会計士や弁護士の資格を取得して税理士の登録をすることで可能です。 一般的であるのは、税理士試験に合格して2年以上の実務経験を積むことです。

税理士名簿への登録

税理士がすることは、納税関係書類作成や申告、顧客に対しての経営などのアドバイスです。
書類作成や申告、中小企業の経営者や個人の事業主からの相談が業務になります。
計算処理能力の高さ等の適性があるか等が、重要です。
伝票一枚からの、数字から企業の経営課題や無駄なお金の動き等を、読み取る力がなければいけません。
企業の経営者に信頼されるだけの知識やバランス良く対人関係のスキルを兼ね備えること等が、求められています。
会計業務が会計ソフトなどで詳細までパソコン上の操作で可能になったこともあり、企業経営者の相談への信頼をどれだけ勝ち取ることができるかが、将来継続して活躍するためのポイントになります。
書類作成するために伝票をチェックしたり、企業の決算書を見て経営状態の分析をします。
税金にまつわる法律は複雑ですのでさまざまな情報を整理して判断し、法律に照合しながら案件を論理的な思考力で解決していかなくてはいけません。
税理士は、企業の経営者に身近な存在でなくては仕事ができません。
国の制度の改正に伴って、柔軟に税金の計算方法の変化に対応しなくてはいけません。
間違いなく業務を遂行するための常に勉強する必要がでてきます。
税理士のお付き合いは、中小企業の経営者や役員、個人事業主などで幅広く業種を問いません。
国民の納税をサポートすることが税理士の本分で、複雑な税金の計算や書類作成を代行することができることが基本です。

コミュニケーションスキル

税理士法第1条には、税理士の使命が規定されており、専門家として納税義務者の信頼と、適正な実現を図ることです。 顧問契約している顧客の業務や、税理士の専門分野によって、仕事内容は違ってきます。 税務代理や税務書類の作成、税務相談が、税理士の独占業務です。

当選者には僕から直接DMします!100万円に税金はかかるの

税理士の関係する顧客の業種は様々です。 自分の体形にぴったりの洋服を着る感動は作ってもらった人にしかわからないもの。 スーツを着て撮影し自動採寸データの活用でネット注文可能の技術は社長の経験から導き、経営判断に。 店に出向かず自宅で自分の体のサイズを計測して判断できるかを悩んだ時に、発想したそうです。

TOPへ戻る