税理士を目指すならどのような学校がおすすめ?かわかるサイト

大まかな未来図

勉強する学校

税理士になるためには、受験する資格のために、高校卒業後は大学や短大他に進学するのが必須です。
大学等で必要単位取得するか、日商簿記検定1級、全経簿記検定上級合格が必須です。
受験資格を得た後、一般的には税理士試験は独学しても合格はできないと言われています。
大学や短大に進学する場合でも、税理士試験勉強をするために資格の学校に通って専門知識を得る必要があります。
高校卒業後、大学や短大とダブルスクールで資格の学校にも通う。
もしくは高校卒業後、税理士資格の専門学校に入学する。
日商簿記検定1級や全経簿記検定上級の資格の勉強と税理士試験の勉強を並行して行う。
資格取得のための金銭的な負担額が大きいためよく計画しましょう。

進路の選択を間違わない

税理士を目指すことを決めて、大学、短大の進路は、法律学、経済学の単位取得が必須であることから、法学部、経済学部、経営学部、商学部などの学部を進学先にすることになります。
所定の単位を取得できると、税理士試験の受験資格を得ることができます。
志望する大学、短大の学部で、該当の単位が取得可能かを確認したり、卒業生で税理士になった人がいるか確認することも大事です。
在学中に合格を目指す場合は並行して資格の学校との両立になり、私立大学は特化して力を入れている場合もあります。
大学のゼミの教授の人脈も、有力なコネになるケースもありますので、情報を得て有利な大学に進む人もいます。
効率的に勉強したり、資格を取得していく過程を円滑に進めるように、情報力を大切にすることが、将来にわたって必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る