税理士を目指すならどのような学校がおすすめ?かわかるサイト

コミュニケーションスキル

将来性は無限

税理士の仕事につくためには、国家資格の取得が必須になります。
専門職で資格取得の難易度が高いし、時間がかかります。
事務所ごとに顧客からの報酬を自由に設定するため、独立開業し起業します。
税理士の独自の報酬システムであるので、自分の努力次第で高収入を目指すことも可能な資格です。
戦後以降から、税理士業務を行う税理士は税理士登録をし、税理士会に入会します。
入会しなければ税理士の業務はできません。
管轄する税理士会とは、税理士を監督している全国にある機関です。
税理士会の組織は税理士により構成されており、国税局の管轄地域でそれぞれ税理士会設立され、全ての税理士が、税理士会登録をしなくてはいけませんし、とても大事なことです。

合格しているのに

海外ドラマのリメイクの日本のドラマで、大手の弁護士事務所のベテラン弁護士が、偶然面接会場に飛び込んできた、完全記憶能力の持ち主で六法全書を丸暗記する能力を持った若者を、アソシエイツ弁護士にします。その若い弁護士は、事情で弁護士資格を取得できないため、別人で海外居住の弁護士資格保持者の企業家の名前を借りて、弁護士活動を続けるストーリー展開ですが、ドラマだけではなく、弁護士登録をせずに、弁護士活動をする弁護士がいるようです。
弁護士法で定められたとおり、弁護士会に弁護士登録しますが、会員番号はある。
裁判所は弁護士会から会員名簿を貰って、提訴の代理人において弁護士会作成の会員名簿で確認しているので問題ないとのこと。
しかし、法務局の発行するその弁護士法人の登記簿謄本にはその弁護士の名前はない。
リアルに、どうするのかわからない。


この記事をシェアする
TOPへ戻る