税理士を目指すならどのような学校がおすすめ?かわかるサイト

当選者には僕から直接DMします!100万円に税金はかかるの

博学

企業の企画も、大盤振る舞いが消費者にとっては嬉しい悲鳴。
アパレル会社大手の社長からSNSのツイートで、日頃の感謝を込め僕個人から100名様に100万円(総額1億円のお年玉)を現金でプレゼントします、のキャンペーンにネットが湧いた。
ネットの中にいるか外にいるか、属性をもって分けられた感もある。
社長個人のSNSアカウントをフォローし、リツイートした人の中から100人に100万円を現金で、という内容でした。
リツイートで100万円の使い道を社長に対して猛アピールする人。
2日で終了して数百万のフォロワー獲得で広告効果は絶大で、1億円の元はとれたとか。
もし当選したら、税金はどうなるのかもちょっと気になるところ。

考え方

個人からの贈与によって取得した財産に課される国税を贈与税というが、このプレゼントは贈与税の対象です。
贈与税は1年に110万円までの金額で、基礎控除があります。
1年の元旦から年末迄の間、個人の間でプレゼントされた贈与額は、年110万円までは、一切、課税されません。
もし当選されて、100万円プレゼントされた1年の間は、他の贈与をされないようにすればいいのだそうです。
個人のペイに対して課される国税を所得税というが、100万円は所得税の対象にはならない。
所得税は仕事などの労働をしてもらう対価のお金が対象になるが、もらうだけの場合は対象外だそうです。
話題性の多い社長の、自虐的なパフォーマンスや言動も面白くて、ポパイとオリーブの関係で頼りになる人のイメージが大きいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る